Googleアナリティクス」タグアーカイブ

Googleアナリティクスの理解を深める

以下のページを教科書にして、アナリティクスの使い方を学習します。

Googleアナリティクスの登録・使い方完全マニュアル | creive【クリーブ】

アナリティクスに出てくる言葉の理解。

  • ユーザー … サイトを訪れた人の数。
  • 新規ユーザー … ユーザーのうち、初めてサイトを訪れた人の数。
  • セッション … サイトを訪れた回数。サイトを訪れ、離脱するまでを1回とする。
  • ページビュー数 … サイト内のページの表示回数。
  • ページ/セッション … 1回の訪問で閲覧する平均ページ数。
  • 平均セッション時間 … 1回の訪問での平均滞在時間。
  • 直帰率 … 最初にアクセスしたページだけを見て離脱したセッションの割合。

「直帰」では、セッションの継続時間は0になる。
つまり、ページを開いてすぐに閉じたのか、そのページをじっくり楽しんでから去ったのか区別がつかない。
ブログの記事ページなど、そのページのみで内容が完結している(他のページへの誘導を目的としていないページ)なら、直帰率が高いことは問題ではない。

続きを読む

Googleアナリティクスで日本の検索エンジンを追加する

今日はこのページに書かれた「日本の検索エンジンを追加する」について。

必ず設定したい!Googleアナリティクスを導入したら最初に行うべき基本設定 | creive【クリーブ】

検索エンジンをひとつひとつ登録する作業が面倒くさいなーと思ったら、簡単にできるツールを提供してくださっている方を発見。
ありがとうございます。


使い方は「でぶててのWEB録」にあるとおり。

  1. 「Google Analytics オーガニック検索ソース 自動登録ブックマークレット」をブックマークに登録。
  2. アナリティクスの左メニューから、[管理] > [プロパティ] にある [トラッキング情報] をクリック。表示される [オーガニック検索ソース] をクリック。
  3.  1で登録したブックマークレットをクリック。

以上で終わり。
非常に簡単で助かりました。

GoogleアナリティクスでIPアドレスを解析したい

今日は「Googleアナリティクスで訪問者のIPアドレスを取得する方法」を試してみます。
教科書はこちらのページ。

意外なことに、Googleアナリティクスの標準機能では、Webサイトの訪問者のIPアドレスは分かりません。

「なぜ、Google AdSense を利用している場合に(IPアドレスが)必要なのか」ですが、万が一アカウント停止になった場合に一度だけ異議申し立てを行うことができます。アカウントが復活できるかの重要な申し立てです。その申し立てを行う際に、自分自身が不正なことを行っていないと訴えるための証拠資料としてアクセス解析のデータが提出できるかがポイントとなります。

と書かれているように、アドセンスを使用していてもいなくても、万一のトラブルの際の保険としてIPアドレスは取得しておいたほうが良さそうです。

続きを読む

サイトのアクセス解析を勉強する

サイトのアクセス解析周りに精通したいと思ったので、いろいろな解説サイトを読みながら学習メモを取っていこうかと思います。

今回は以下のサイトにて学ばせていただきました。


Googleアナリティクスでできないこと

  • Googleの検索結果における掲載順位
  • Googleの検索結果からの流入
  • どんな検索ワードで検索されているか
  • 外部リンクや内部リンクの数
  • サイトパフォーマンス

これらはGoogleサーチコンソールで確認できる。

Googleアナリティクスは「ユーザのWebサイト内での行動を示す」ツール。
Googleサーチコンソールは「検索結果・Webサイト間のGoogle・ユーザの状況を示す」ツール。

集計データは、
Googleアナリティクスはアクセスがあったもの。
Googleサーチコンソールは検索結果に表示されたもの。


GoogleサーチコンソールでWebサイトを登録する際、「ドメインプロパティ」と「URLプレフィックス」の2通りがある。
URLプレフィックス」で所有権の確認をGoogleアナリティクスで行うのが簡単。
なので、「アナリティクスの導入 → サーチコンソールに登録」という順序で作業すると良い。