C++のクラスにObjective-Cの変数を持たせたい

cocos2d-xでiOS用のアプリを作っていると、C++のクラスにObjective-Cのクラスをメンバ変数として定義したい、というケースがある。

たとえば、Objective-Cで記述されたクラスObjCがあるとする。
これをC++で記述するクラスCppのメンバ変数として定義したい場合。
できることなら、Cpp.hに

#import "ObjC.h"

class Cpp {
    ObjC *_objc;
    ...
};

と記述したいところだけど、ヘッダファイルにはC++とObjective-Cとを混在させられないらしく、できない。
そこで内部クラスというものを利用してみる。

class Cpp {
    class Inner;   // InnerというクラスをCppの内部に宣言し、
    Inner *_inner; // それをメンバ変数とする。
    ...
};

この内部クラスInnerの定義はソースファイルの中に記述できる点がミソだ。

Cpp.mm

#import "ObjC.h"  // 拡張子.mmのソースファイルの中なので、Objective-Cが使える。

// Innerの定義。
class Cpp::Inner
{
    ObjC *_objc;

public:
    Inner() {
        _objc = [ObjC new];
    }
    ~Inner() {
        _objc = nil;
    }

    // ObjCのメソッドを呼び出すためのラッパー
    void doObjcMethod() {
        [_objc doObjcMethod];
    }
};

// Cppの定義
Cpp::Cpp() {
    // Innerクラスのインスタンスを作成
    _inner = new Inner();

    // Innerクラスを介して、ObjCにアクセスする。
    _inner->doObjcMethod();
}
Cpp::~Cpp() {
    delete _inner;
    _inner = NULL;
}

みたいな感じ。

基本的な考え方はこれでいいんじゃないかと思う。
なにか問題などあればご指摘ください。

コメントを残す