SKProductsRequestのdelegateでEXC_BAD_ACCESSエラー

iOSのアプリ内課金でプロダクト情報を取得するために、SKProductsRequestのインスタンスにdelegateをセットして、startメソッドを呼び出した。
そして、delegateにセットしたインスタンスでデータを受け取り、諸々処理して、不要になったdelegate用のインスタンスを削除したら、EXC_BAD_ACCESSエラーが発生したというお話。
もちろん、SKProductsRequestのインスタンスのdelegate設定は解除したのに、だ。

-(void)productsRequest:(SKProductsRequest *)request
 didReceiveResponse:(SKProductsResponse *)response {
    ...

    [_productsRequest setDelegate:nil];
    _productsRequest = nil;

    // この通知を受けて、delegate用のインスタンスが削除破棄される
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotification:n];
}

といった感じのコード。

推測としては、どうやらSKProductsRequestが-(void)productsRequest:didReceiveResponseをコールした後にも、delegate用のインスタンスにアクセスしようとするんじゃないだろうか、と。
でも、その前にdelegate用のインスタンスが破棄されているので、EXC_BAD_ACCESSエラーが発生しているのではないかと思う。
setDelegate:nilをやっているので、本来であれば、そういったことは起こらないはずなのだけど。

とりあえず、最後の通知部分(インスタンスが削除される部分)を以下のようにしてやることで、エラーを回避することができた。

dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotification:n];
});

もし何か正しい理由と対策をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
正しいやり方、分かりました。

SKProductsRequestDelegateはSKRequestDelegateを継承していて、このSKRequestDelegateに- (void)requestDidFinish:(SKRequest *)requestというメソッドがある。
リファレンスに

When this method is called, your delegate receives no further communication from the request and can release it.

とある通り、このメソッドを受けてdelegate用インスタンスを破棄すれば良かったのだ。
気づいてみれば、簡単なことだった。

コメントを残す